散文録

つらつら書くのが楽しい。日記・漫画の感想など

書評『9割捨てて10倍伝わる「要約力」』

『9割捨てて10倍伝わる「要約力」』
(著:山口 拓朗)

仕事における要約力の重要性と
その具体的なメソッドを示した一冊。
上司への報告など、ビジネスシーンを
想定して作られている。

「要約力とは一体なんぞや?」の答えと
要約のプロセスが明確でわかりやすい。

要約のプロセスとして
①情報収集 ②情報整理 ③情報伝達 の
3ステップに分けて説明されている。

「要約は短くまとめればいいってのは
わかるけど、どうすればいいかわからん」
とか思っていたので、具体化は助かる。

なるほどと思ったのが「メタ認知」の話。
メタ認知とは、自身を客観視することで
その能力がメタ認知力と言われる。
これは上記プロセス①の情報収集の際
思い込みによる誤認識を防ぐためだが、
要約以外でも絶対役に立つと思うので
積極的に鍛えたいと思った。
このメタ認知力のトレーニングについても
きちんと明記されている。

その中から一部を抜粋すると、

・自分の思考と感情を書く
 (思考と感情を客観視する)
・自分に起きた出来事を書く
 (出来事を客観視する)

この上記の例、
思考・感情・出来事の客観視は
このブログで書いてるような日記が
案外役に立つかもしれない気がする。
(客観視できてるかはわからないけど)
趣味と実益を兼ねられたら最高だと思う。

ちなみに本書はゴリゴリのビジネス書だが
私がこの本の購入に至ったのは
仕事ではなく、日記や感想を書く際の
文章力を上げたかったのが理由。
(仕事は簡潔にできてる、といいな)

それでも、ビジネスを想定して作られた
本書のメソッドは十分役立つと思う。
上司への報告の際を事例として
良い例と悪い例が示されていたり
とにかく具体的なので取り入れやすい。

要約ってどうすればいいんだ…って人とか
仕事の報連相を改善したい人とか
仕事以外でも、表現力をブラッシュアップ
させたい人にオススメしたい一冊。

 

紫の炎に魅せられる

好きなバンドの話をする。
週末の夜、魅せられた話。

映画『AKIRA』を観るために契約した
U-NEXTの無料期間も終わるので、
他に何かあるかな〜と動画を探したら
バンド THE YELLOW MONKEY
ライブ映像があった。
私はこのイエモンが大好きで、
思春期から今でもずっと聴いている。
嬉しくなったので、
週末の夜、ホームライブを開催した。

『TOUR ’97~紫の炎~at 西宮スタジアム
今日のタイトルはここから来ている。

観たのは一番好きな1997年のライブ。
これの横浜開催のDVDは持っている。
ちなみに私は当時、幼少期だったので
バンドの存在自体知らない。
私がイエモンの魅力を知ったのは
とっくに解散した後だった。

私はこの頃のボーカル・吉井和哉
この世で一番美しい生き物だと思っていて
その美しい生き物が放つ妖艶な熱気を
それはもう、堪能した。
ちなみに
「紫の炎 吉井和哉」で画像検索すると
それはそれは美しい生き物が見られる。

ギラギラのサウンドと、どこか歌謡曲
ような曲調のバランスが絶妙で、
光に照らされたメンバーの美しさで
きわどい性的表現すら魅力に映って
興奮が湧き上がる。

観客がまさにもう、熱狂って感じで
全身で興奮と喜びを表現してるさまが
ライブの芸術的な熱気と美しさを
構成する一部になっていた。
私の中でこの世はこのライブに行った人と
行ってない人に二分されると言っていい程
このライブに行った人を羨ましく思う。

この日なんとなく気が沈んでたんだけど
紫の炎に魅せられて
ステージと観客からのギラギラした熱気を
浴びて、コーラ飲みながら歌ったり
腕をブンブン振ってたらなんか元気出た。
我ながら単純だね。
でもこれを音楽の力って言うんだろうか。

これは公式YouTubeかな?当時のPV↓

youtu.be

↑ドラム・菊地英二も美しくて大好き。

これ以上は長くなるから割愛するけど、
ひとつだけ
私の人生観に寄り添うような歌詞がある。

僕が犯されたロックンロールに
希望なんて ないよ
あるのは 気休めみたいな
興奮だけ それだけさ

『人生の終わり
(FOR GRANDMOTHER)』の歌詞

この曲はすごく穏やかに死別への
哀しさを唄った曲で、
そんな穏やかな曲調で語られた言葉。
性的表現がまぶされた
ギラギラとした激しいロックを
「気休めみたいな興奮」と表現したのが
これがまさに
私がロックを愛する理由だと腑に落ちて
初めて聴いたときから忘れられない。

心の闇を映すような暗い曲もあって
そんな暗い曲のあとに
セクシャルでハイな曲を聴くと
この歌詞の意味が本当にわかるというか
余計に闇が浮かび上がる感覚がある。

たまに人生に虚無感を感じるときがあって
それを興奮で埋めながら生きてるんだな。
と、しみじみ実感する。
別に人生に悲観してるわけではないけど
そういう思いに静かに寄り添って
同調してくれるような不思議な感覚が、
私の深いところまで染み込んでいる。

美しいビジュアルと妖艶な性的表現が
織りなすギラギラまぶしい光と
歌詞に見え隠れする、どこか哀しい陰が
本当に魅力的なバンドだと思っている。

私の中のほんのりとした陰が
紫の炎で少しだけ照らされた週末だった。

 

読書の秋、ソファーで溶ける

今日はいつもより早く目が覚めた。
カーテンを開けたら綺麗な青空で
気分が上がったのか
何かのスイッチが入ったかのように
電子書籍をポンポンポチっては
朝から読みふけっていた。
3冊買って午前中に一気に読んだ。
買ったのは以下。

『科学的に自分を思い通りに動かす
セルフコントロール大全』
(著:堀田 秀吾・木島 豪)

『9割捨てて10倍伝わる「要約力」』
(著:山口 拓朗)

『1分で話せ』(著:伊藤 羊一)

 

主にビジネス書。
一番上の本はリモートワークでの
モチベーションの保ち方なんかを
科学的に示したものだったな。
ジャンルは生産性とか時間管理らしい。

下2つは仕事での文書とか報連相とかの
スキルを上げるビジネスマン向け。
『1分で話せ』は、どこかのサイトで
読者が選ぶビジネス書No.1だったのを
見て、ミーハー心で買ってしまった。
一番タメになったのは要約力かな。
どれも役に立つのは間違いない。

で、よっしゃ書評でも書くぞとか
思ってたんだけど、午後になって
スイッチが切れたのか
ずっとソファーで溶けてた。
この落差はなんだろう。

ま、月末で忙しかったし
来週から月初だし
体調も良くないしで
ダラダラしてて別にいいんだけど。

10月の初日から
モチベーション高いスタートだなーと
自己満足していたら、ここにきて
いつも通りやる気なくて笑ってしまった。
セルフコントロール大全を読んでおいて
全くコントロールできてないのが、ね。

でも9月はほとんど本を読んでないので
気になってた本を読めたのは良かった。
ダラダラと書評の下書きでも書きながら
今日はやり過ごそうかな。
読書の秋ってことで。という日記。

 

9月を振り返る

夏は楽しかったなー
秋になるのはちょっと寂しいなー
でもまぁそれなりに楽しいかなー
…とか思ってたら
もう9月が終わろうとしている。
ちょっとセンチメンタルに浸りつつ
9月を振り返ってみる。

①月初の疲れを神保町で癒やす

ha49re.hatenablog.com

カフェで読書に激辛カレーに三省堂
心ゆくまで満喫した月初の週末。
好きな街ってパワースポットだと思う。

 

②気になってた映画『AKIRA』を観る

ha49re.hatenablog.com

ずっと気になってたから観れて良かった!
家のテレビだけど部屋を暗くして
ちょっとしたホームシアターを楽しんだ。
ちなみに薦めてくれた人に話したら
ちょうど今AKIRAサウンド展を
やっていると教えてもらった。絶対行く!

 

③ルートヴィヒ美術館展を楽しむ

ha49re.hatenablog.com

コロナぶりに美術館に行った。
知識がないながらも楽しかったな。
あと久しぶりの六本木で
「お出かけしてる!」って感じを満喫。

 

お出かけはこれくらいで、あとは
連休明けにダラダラ仕事したり

ha49re.hatenablog.com

 

通勤って疲れるよね…って話だったり

ha49re.hatenablog.com

 

休みの日にフリーダムに
好きなもの作ったのが楽しかったな。

ha49re.hatenablog.com

ha49re.hatenablog.com

 

私の作る料理は
(料理と言っていいのかわからないけど)
ちゃんとしたレシピも分量もないから
テキトーに日記に書くにはちょうどいい。

なんか仕事でカリカリしたノリで
カリカリした激辛辣油を作ってみたり、

ha49re.hatenablog.com

 

仕事の話だけど
某国事行事が響いちゃうかなーと
思ったらそうでもなくて助かったりした。

ha49re.hatenablog.com

私はこの一見なんでもない出来事に
今でも本当に感謝していて、
誰かのいつも通りは
誰かの努力でできているんだと実感した。

 

で、月末前に平和に過ごして終わる。

ha49re.hatenablog.com

 

ま、月末日の今日は
順当に忙しかったんだけどね。

総括すると、
季節の変化にセンチメンタルになりながら
その気持ちを楽しいことで埋めてたような
そんな感じかな。

ちなみに夏を振り返った日記で、

ha49re.hatenablog.com

秋にやりたいこと

・めっちゃかわいいワンピース買ったから
これ着て久しぶりに美術館とか行きたい。
こう暑いと外に出る気もなかったから。

・小川町の三省堂書店の仮店舗に行きたい。
カフェめぐりしてカレーも食べたい。

・気になってる映画を見たい。
家で見れるから月初が落ち着いたら見る。
感想を書けたら書く。

・勢いで始めたビジ法の勉強。
秋の試験を受けるかはともかく、勉強はする。

って書いたのが、ビジ法以外
9月に実現できたのが嬉しい。
ちなみにビジ法、痛恨のミスを犯し
受験日を迷ってるうちに
(期間内の好きな日に自宅で受けられる)
申込み期限を過ぎてしまった。
締切の最終日はわかっていて、
仕事のスケジュールを見ながらやっと
受験日を決めてサイトを開いたら
18時までだったという痛恨のミス!
ちなみにそのときは19時過ぎ。
ぶっちゃけ何日か引きずるくらい凹んだ
けど、受験期間はちょうど繁忙期だし
まぁいっかと切り替えた。
趣味だしね。
来年気が向いてたら受けよう。

9月も終わりになると暑さも和らいで
朝起きてストレッチしながら
エアコンつけようかな〜どうしようかな〜
と迷う日が増えた気がする。
そのうちエアコンもいらなくなるけど
また暖房で使い出すんだろうな。
こうして四季は過ぎるんだな、と思う。

10月からは繁忙期に入るから
今までみたいに日記を書けるかは
わからないけど、少しでも気分転換に
書けるといいなと思ってる。
楽しいことも、できるといいな。

 

平和な日の戻りガツオ

日記。

今日は仕事が平和だった。
トラブルもなく、会議や問合せもなく
黙々と伝票や資料作成に集中できた。
しかも在宅勤務。
こんな日がずっと続いてくれるのが
私の会社員人生の理想である。

今日の夕飯はカツオのたたき丼。
カツオのたたきって、丼にするときは
醤油だれに漬け込むしか知らなかったけど
ネットスーパーの時間帯が遅くなったので
今日は漬け込む時間がない。
なんかあるかなーと探したら、あった。
焼肉のたれと和えるだけという、
めちゃめちゃ簡単なレシピが!
カツオとアボカドとカイワレを
焼肉のたれとごま油で和えて、
ご飯にのせて完成。
ネットスーパーが届いてから
15分くらいで食べられたと思う。
早い!栄養!うまい!
いやーラクで美味しいって最高だわ!と
いい気分で完食。

この時期が旬の戻りガツオを
焼肉のたれの濃い味で食べちゃって
もったいないかな?とも思ったけど
好きな味付けだからいっか。
旬の栄養を摂れて満たされたのでヨシ。
ごちそうさまでした。

ちなみに一昨日、仕事でカリカリして
作ったカリカリ辣油は、お昼の
納豆ご飯にのせたら美味しかった。

ha49re.hatenablog.com

半分ふざけて作ったんだけど
結果的に美味しくできたのは満足。
なんか今日はいい日だったな。

金曜日は忙しい月末だし
来週から四半期決算が始まるから
嵐の前の静けさってやつなんだけど
たまにはこんな日があってもいいか。
繁忙期になったら「いい日だったな」
なんて言えなくなる日もあるしね。
今日はダラダラしよっと。

 

いつも通りに思いを馳せる

日記。
なんてことはない、
郵便がいつも通りに届いただけの話。
でも嬉しかったので書く。

仕事で今日届く予定の書類があった。
これが予定通りに届かないと
スケジュールの予定が崩れるので
どーしても予定通り届いてほしい。

が、私の職場はちょうど
某国事行事で配達が遅れる地域にある。
期間は昨日から、遅れは半日〜1日程の
見込みと公表されていた。
マジか…と思ったのが本音だが
こればっかりはしょうがない。

半ば諦め、仮でスケジュールを動かし
この後どうしたもんかなーと
モヤモヤ考えつつ待っていたら
なんと、
まったくいつも通りの時間に来た。
あんなに交通規制とか
大変そうだったのに、来た。

せめて数時間の遅れであってくれ…!
とか思ってたので、すごいビックリした。
モヤモヤと考えていた面倒な対応が
全部チャラだ!やったー!

思わず
「いつも通りの時間に来てくれて
ありがとうございます!」とか言いたく
なったけど、相手の時間をとるのも
アレだし、絶対変に思われるからやめた。
けど、いつもより深く頭を下げた。

今日、私がいつも通り仕事をできたのは
郵便局の方々のおかげだ。
それだけのことが、とてもありがたい。

たまたま道が空いてたのかもしれないけど
もしかしたら郵便局だけでなく
交通整理の方とかがめっちゃ頑張って
混雑に対応してくれたのかもしれない。

今日だけでなく災害とかでもそうだけど
こういう、イレギュラーな状況の
「いつも通り」を保つには
見えないところで色んな人が
大変な思いをしたんじゃないかな。
つくづく、こういうときの
いつも通りは努力でできていると思う。

まぁ、たまたま地域だとか時間帯が
良かったとかあるんだろうけど
それでも今日は感謝の気持ちでいる。
少しでも予定通り、いつも通りのために
努めてくれた方々に、感謝!

この行事に関しては
色んな思いを抱えてる人がいると思う。
が、私はあえて
今日、粛々と働いてる人たちに
思いを馳せたい。

何かがいつも通りにいかなかったとして
働く人に伝わらないよう心の中だけで
「やだな」と思うのは全然アリだと思う。
感情って自然に出ちゃうしね。
でも、予想外にいつも通りだったとき
ラッキー!の陰に誰かの努力があることを
もっと意識しようと思った。

その感謝をそこで働く人たちに
気軽に伝えられる仕組みがあれば、
世の中はもっとまろやかになるのかな、と
ちょっと思ったりもした。という日記。

 

カリカリした日のカリカリ辣油

今日の私はカリカリしている。
それはもう、猫のご飯か?ってくらいに。
連休明け早々、
仕事でのっぴきならないことや
しょーもないことが重なったせいだ。

こういう時は激辛メニューで
イラだちをふっ飛ばしたい。
ちょうど夕飯の予定は麻婆豆腐だった
が、家族のために甘口のソースなので
自分専用の辣油を作り、
激辛の麻婆豆腐をキメることにする。

ラー油を作る、と言っても
材料をテキトーに刻んで油と熱するだけの
超カンタンなやつ。
カリカリしてる時はレシピもちゃんと
頭に入らないので、ちょうどいい。

どうせなら食感もカリカリさせたろ!と
鷹の爪、長ねぎ生姜、にんにくも入れる。
ザクザク刻む感触が今は気持ちいい。
雑に刻んだのを、ごま油と熱する。
カンタンな割にすぐできてありがたい。

ラーメン屋の卓上にある、フレーク状の
焦がしネギ油みたいなのが出来上がった。

麻婆豆腐にかけていただくと
ビリッとした刺激が舌を刺し、喉を刺し
脳まで刺激してくる感じが、いい。
香りが鼻に抜けるときに、ガツンとくる。
いいね!
怒りを刺して鎮めてくれる感じ。
なんかこう冴えない日には、こういう
強い刺激で方向転換させたい。

ネギや唐辛子はシャクシャクした食感で
にんにくはカリッカリなのがまた良し。

副菜のもやしのナムルにかけても
順当に美味しかった。
ごちそうさまでした。

唇にジンジンした痺れのようなのを
感じながら、ひと息ついた。
刺激的な月曜が、やっと終わる。

あとはお風呂上がりのアイスで締めて
刺激の角を丸くして1日を終えたい。
こうして食欲に身を任せる秋は続く。